妊娠中に仰向けで寝るのをやめるべき時期

妊娠中に仰向けで寝るのをやめるべき時期

妊娠中は仰向けで寝るのはやめたほうがいいでしょうか?これは多くの女性、特に従来の仰向け寝派の女性が抱く質問です。 babybubのママの中には仰向けで寝ることを好む人もいるので、私たちもあなたの痛みを感じています。

骨盤と股関節の痛みは、妊娠中の女性、特に妊娠後期によく見られます。健康な妊娠には睡眠が重要であるため、完璧な寝姿勢を見つけることが最優先事項となります。多くの妊婦は、妊娠の終わりが近づいてくると、仰向けで寝るのをやめるべきかどうか疑問に思います。この記事では、妊娠中に仰向けで寝るのをやめるべきかどうかを考えてみましょう。

妊娠中、私たちの体には何が起こっているのでしょうか?

妊娠中は、子宮が成長することで血管が圧迫され、胎盤や赤ちゃんへの血流が減少することがあります。 仰向けで寝ると、下半身に血液を供給する主要な血管に子宮の重みがかかるため、この圧力がさらに悪化する可能性があります。これにより、めまいや息切れが起こることがあります。さらに、仰向けで寝ると、既存の股関節や骨盤の痛みが悪化する可能性があります。そのため、多くの医療専門家は妊娠後期には仰向けで寝ないよう妊婦にアドバイスしています。

仰向けで寝る人に適した代替の寝姿勢はありますか?

妊娠 20 週目以降は、妊婦が仰向けで寝ることはお勧めできません。そのため、すぐに別の寝姿勢に移行し始めるとよいでしょう。

大静脈は、脊椎の近くを走る大きな動脈であり、子宮の重みによって圧迫されることがあります。この血管が圧迫されると、胎児への血流が妨げられます。仰向けで寝ると、腹部からの血液が心臓に戻らなくなるため、赤ちゃんの酸素供給が損なわれる可能性があります。子癇前症、胎児発育低下、死産などは、この動脈の収縮に関連する潜在的な影響のほんの一部です。

股関節や骨盤に痛みがある場合は、横向きに寝ると効果があるかもしれません。特に左側を下にして寝ることは、循環と赤ちゃんへの血流を改善するため、多くの専門家によって推奨されています。さらに、脚の間に枕を置くと、腰や背中の圧力を軽減するのに役立ちます。この姿勢で眠りにつくのが難しい場合は、枕やウェッジを使って頭を高くしてみてください。 マタニティ枕が一番おすすめです!適切なものを使用すると、仰向けに寝返ることがなくなり、背中や股関節の痛みも軽減されます。

快適な睡眠姿勢を見つけるのに苦労している場合は、アドバイスと指導を提供できる医療提供者に相談してください。マットレスの変更も検討してみてはいかがでしょうか。低反発素材は胴体と手足をサポートするのに役立つため、強くお勧めします。

最終的な考え

一般に、子宮と赤ちゃんへの血流が減少するリスクを軽減するため、横向きに寝ることが良い選択肢です。最も重要なのは、自分の体と医師の声に耳を傾けることです。妊娠のさまざまな段階でさまざまな姿勢がより効果的である可能性があることに留意してください。ただし、医療専門家の推奨に耳を傾けることも重要です。

医学的免責事項:提供される情報は、専門家の医学的アドバイス、診断、ケアに代わるものではありません。医学的な問題について懸念がある場合は、必ず医師または他の資格のある医療提供者にアドバイスを求めてください。 Bub のブログで読んだことを理由に、専門家の医学的アドバイスを無視したり、受けるのを延期したりしないでください。 babybub は、このサイトで言及されている特定の検査、医師、製品、手順、意見、またはその他の情報を推奨または承認しません。

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。必須フィールドは、マークされています *