妊娠中の出生前診断の手順とそれぞれのタイミングの包括的なリスト。

妊娠中の出生前診断の手順とそれぞれのタイミングの包括的なリスト。

妊娠中の出生前診断の手順とタイミングの包括的なリスト:

  1. 6 ~ 10 週目:最初の妊娠確認と健康評価

  • 妊娠の確認

  • 健康歴の評価

  • 血液型とRh因子の判定

  • 全血球計算 (CBC)

  • 血糖値

  • 尿検査

  • 遺伝カウンセリング(オプション)

  1. 第 12 週:妊娠第 1 学期のスクリーニング

  • 超音波検査で在胎週数を判定

  • 項部半透明性 (NT) スキャン

  • 染色体異常(ダウン症候群など)の血液検査

  1. 第 16 ~ 18 週:解剖学スキャン

  • 胎児の発育をチェックするための詳細な超音波検査

  • 主要な臓器と構造の評価

  • 性別判定(ご希望の場合)

  1. 24~28週目:グルコーススクリーニング検査

  • 妊娠糖尿病の検査

  • ヘモグロビンA1c検査

  • 血圧監視

  • 定期的な出生前診断

  1. 35 ~ 37 週目: B 群連鎖球菌 (GBS) スクリーニング

  • GBS感染をチェックするための膣および直腸綿棒

  • バースプランについての話し合い

  1. 36 ~ 40 週目:毎週の出生前診断

  • 胎児の位置のモニタリング

  • 子宮底の高さの測定

  • 胎児心拍数の評価

  • 血圧チェック

  • 体重測定

  • 内診(子宮頸部の拡張と子宮頸部の縮小)

  1. 40 週目以降:期限後の評価

  • ノンストレステスト(NST)

  • 生物物理学的プロファイル (BPP)

  • 導入または帝王切開の可能性についての話し合い

  1. 妊娠中を通じて:継続的なカウンセリングと教育

  • 栄養指導

  • 運動の推奨事項

  • 感情的および心理的サポート

  • 陣痛と出産の準備

チップ:

これらの出生前診断のタイミングと頻度は、個々の医療提供者の推奨事項や、妊娠中の特定の健康上の懸念や合併症に応じて異なる場合があることに注意してください。

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。必須フィールドは、マークされています *