赤ちゃんの健康を損なう妊娠中の5つのタブー。危険にさらされていますか?

赤ちゃんの健康を損なう妊娠中の5つのタブー。危険にさらされていますか?

妊娠初期のタブーは一般によく知られており、出生前診断の際に医師がそのタブーを強調することがよくあります。これらには、催奇形性物質の回避、喫煙と飲酒の控え、セルフメディケーションの回避、放射線の回避、化学物質への曝露の制限、流産を誘発する可能性のある食品の控え、過度の疲労の防止、腹部への物理的影響の回避などが含まれます。

妊娠中期には、 健康的な食生活(赤ちゃんの成長に必要な栄養素の確保)、定期的な妊婦検診、胎動の観察が大切です。妊娠後期には、母親は胎動を監視し続け、腹部を害から守り、性的禁欲を考慮する必要があります。

これらの一般的に知られているタブーに加えて、今日は妊娠中に見落とされがちなタブーをいくつか紹介します。妊娠を計画している人、またはすでに妊娠している人がもっと注意を払うことを願っています。

妊娠中のケア

第一のタブー:葉酸の過剰摂取を避ける

妊娠初期には葉酸の補給が不可欠であることはよく知られていますが、多ければ多いほど良いというわけではありません。妊娠中の人が、健康な妊娠を追求するために過剰量の葉酸サプリメントを摂取したケースがあります。

そのようなケースの 1 つは、妊娠初期に葉酸の利点について知り、毎日 2 箱購入して摂取した人に関するものです。残念なことに、妊娠 8 週目に出血があり、最終的には流産してしまいました。正確な原因は不明ですが、葉酸の過剰摂取が関与しているのではないかという疑いがあります。

妊娠中の1日の葉酸必要量は個人差があることに注意することが重要です。妊娠中の人によっては、重度の貧血や吸収不良により、より高用量が必要な場合があります。過剰な量を自己投与するのではなく、 医療専門家に相談して個別の指導を受けることが重要です。

2番目のタブー: 三次喫煙を避ける

妊娠中の人は、一次喫煙と受動喫煙のリスクについて十分な知識を持っており、それらに近づかないようにすることをお勧めします。しかし、三次喫煙への曝露を過小評価すべきではありません。妊娠中の人の中には、屋外で喫煙する家族がいて、これによりリスクがなくなると信じている人もいます。しかし、彼らは衣服や髪に残った煙の臭いを誤って家の中に持ち込む可能性があり、それが吸入され、吸収され、最終的には発育中の胎児に影響を与える可能性があります。

同様に、カード ゲームやクラブなど、喫煙が行われる環境で時間を過ごす人は、煙の匂いを家に持ち帰る可能性があり、妊娠している人に影響を与える可能性があります。

したがって、喫煙者と接触する人は、妊娠している人と接触する前に服を着替え、シャワーを浴びることをお勧めします。

3番目のタブー:妊娠中は過度の怒りを避ける

妊娠中の人が気分の変動やイライラを経験するのはよくあることですが、特に妊娠初期には過度の怒りを避ける必要があります。このような極端な感情は、胎児の口唇口蓋裂、さらには流産につながる可能性があります。妊娠中期から後期にかけて、極度の精神的ストレスにより胎動が過剰になる可能性があり、赤ちゃんの健康な発育に影響を与える可能性があります。

妊娠中の人が怒りを経験すると、生まれてくる赤ちゃんもそれを感じ取り、不安になったり苦痛を感じたり、場合によっては泣いたりする可能性があることを理解することが重要です。このような感情的な影響は、出生後の子供の気質や行動に長期的な影響を与える可能性があります。

4番目のタブー:過食と過剰な栄養補助食品を避ける

妊娠初期には、通常、過剰な食事摂取や栄養補助食品は必要ありません。この段階の胚は最小限の栄養素とカロリーを必要とし、通常、体には十分な量が蓄えられています。過食や過剰な栄養補給は、不必要な体重増加や潜在的な健康問題につながる可能性があります。

さらに、妊娠中にさまざまな栄養補助食品を摂取したくなる人もいるかもしれませんが、注意することが重要です。葉酸やカルシウムなどの必要なサプリメントを除いて、ほとんどの栄養補助食品は不必要であり、有害である可能性さえあります。特定のビタミンやミネラルを過剰に摂取すると、妊婦と胎児の両方に毒性や悪影響を及ぼす可能性があります。

5番目のタブー: あぐらをかいて座らないようにする

あぐらをかいて座るのは多くの人にとって一般的な習慣ですが、妊娠中は避けるべきです。この姿勢は脚の血管を圧迫し、血流を妨げ、脚のむくみを引き起こす可能性があります。さらに、妊娠後期には、あぐらをかいて座ると腹部に圧力がかかり、胎児が動くスペースが制限され、発育上の問題や酸欠を引き起こす可能性があります。

したがって、妊娠中の人は、適切な血液循環を確保し、赤ちゃんにとってより快適な環境を作り出すために、足を組まずに座ることをお勧めします。

要約すると、これらは妊娠中に見落とされがちな5つのタブーです。妊娠中の母親は、これらの予防措置を認識し、自分自身と赤ちゃんの両方にとって健康な妊娠を促進するために必要な調整を行うことが重要です。

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。必須フィールドは、マークされています *